親権者指定審判事件に対する即時抗告事件

東京高等裁判所

昭和42年(ラ)382号

昭和42年8月14日

主文

 本件抗告を棄却する。

理由

 本件抗告の趣旨及びその理由は、別紙に記載したとおりである。

  • 一 抗告人は、まず、親権者の指定について、事件本人の養育には母向井礼子の性格と抗告人のそれとを比較して、母親の性格は不適当であるというけれども、両者の性格の相違から直ちに、子の養育をするについていずれをも不適当ということはできないし、むしろ、事件本人が就学適齢前の未成熟女児であつて、このような女児の監護養育には、ほかに特段の事情がないかぎり、母親においてこれを行なうことが相当であり、本件において、両者の性格を比較して、母親の監護養育を排してまでこれを抗告人において行わせる特段の事情もみあたらないし、また、抗告人は、母親の家庭に生活をともにするその母向井テルは性格が冷たく気性が激しく躾けが厳しすぎるためそのような者のもとで事件本人を生活させることは適当でないというけれども、右テルにおいて事件本人がその家庭において母親が監護養育することをむしろ希望しており、また事件本人の養育のため必要とするならば別居するのも差し支えないとの意思を有しているもので、事件本人のような未成熟児にあつては、母親に比し、躾けのきびしい祖母に対して親和感をもつことが劣ることはあるにしても子のこのようなことだけによつて、直ちに母親の監護養育を否定すべきではないし、抗告人のいう双方の家庭において事件本人と生活をともにする父母及びその母親らの親和感の順序につき、その主張のとおりであるとは直ちにいうことはできないし、事件本人が現在抗告人方において生活していることから見て、その主張のような親和感の順序にしたがつた気持を事件本人が抱いていたとしても、これだけで、抗告人を親権者とするに足りない。そのほか、親権者を定めるについての諸種の事情、ことに、事件本人の性格及びその成育するに適当な諸環境、双方の養育についての方針などからみて、母である向井礼子よりも抗告人が親権者として相当であると認めるに足る事情はみあたらないので、この点に関する抗告人の主張は採用できない。
  • 二 次に、抗告人は、事件本人との面接について原審判が年二回に限定したことは憲法第一三条に違反するか、あるいはいちじるしく不当であるというところ、親権者とならなかつた親はその子と面接することは、親子という身分関係から当然に認められる自然権的な権利であり、監護する機会を与えられなかつた親として最低限の要求であり、親の愛情、親子の関係を事実上保障する最後のきずなともいうことができるけれども、面接が子の監護養育上相当でない場合には、これを制限することはもとより妨げないものというべく、右の制限をしたからといつて憲法第一三条に違背するものということはできない。しかして、原審判においては、抗告人の面接の機会を全く奪つたものではなく、事件本人の監護養育に関する事情を斟酌すると、原審判で定めた抗告人の事件本人に対する面接の方法、程度について不当にその機会を制限したものとはいうことができないから、この点に関する抗告人の主張は採用できない。
  • 三 そのほか、記録を調べてみても、原審判を取り消すに足る違法の点はみあたらない。

 したがつて、原審判は相当であつて、本件抗告は理由がない。

 よつて、本件抗告を棄却することとして、主文のように決定した。

 (裁判長裁判官 長谷部茂吉 裁判官 鈴木信次郎 裁判官 館忠彦)

comments powered by Disqus