2014年12月22日の法律13.058号「共同親権の意義を確立し、適用準備するための民法改正」

2014年12月22日の法律13.058号「共同親権の意義を確立し、適用準備するための民法改正」(ブラジルの連邦官報248号、2014年12月23日)の仮訳です。

2014年12月22日法律第13.058号

2002年1月10日法律第10.406号(民法)の第1.583条、第1.584条、第1.585条、第1.634条を改正し、「共同親権」という表現の意味を確立し、その適用を規定しています。

共和国の大統領

私はここに、国民会議が以下の法律を制定し、私が制裁することを宣言します。

第1条 この法律は、「共同親権」という表現の意味を確立し、その適用を規定し、2002年1月10日法律第10.406号(民法)の第1.583条、第1.584条、第1.585条、第1.634条を修正している。

第2条 平成14年1月10日法律第10406号(民法)は、次のような改正をして施行する。

“1.583条” …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….。

§2 共同親権では,児童と過ごす時間は,常に児童の身体状況及び利益を考慮して,母と父との間でバランスよく分 割しなければならない。 私 - (取り消された)。 II - (取り消された)。 III - (廃止)。

§3 共同親権において、子どもの住居の拠点とみなされる市は、子どもの利益を最もよく満たす市でなければならない。 ……………………………………………………………………………………………

§5 一方的な親権は、子供の利益を監督するためにそれを持っていない父親または母親を義務づけ、そのような監督を可能にするために、両親のいずれかは、常に情報および/または説明責任を要求する正当な当事者でなければならない、客観的または主観的な、直接または間接的に彼らの子供の物理的および心理的な健康と教育に影響を与える事項または状況で、"。

“1.584条 ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..。

§2 子の監護について母と父の間に合意がなく、両父母が家族の力を行使することができる場合には、父母の一方が判事に子を監護したくない旨を申告しない限り、共有監護を適用するものとする。 未成年者の親権

§3 父親と母親の属性と共同親権の下での共存期間を確立するために、裁判官は、事務所の、または検察庁の要求に応じて、技術的な専門家の志向や学際的なチームに頼ることができますが、それは父親と母親とのバランスのとれた時間の分割を目指すものとする。

§4 単独保管又は共有保管の条項の無断変更又は固定化された不遵守は,その保有者に帰 属する特権の減殺を示唆することができる。

§5 裁判官は、子を父又は母の監護下に置くべきでないと認めるときは、その親族関係及び親族関係を考慮して、その措置の性質と相容れないことを明らかにした者に親権を与えなければならない。

§6 任意の公共または民間の施設は、要求に従わないために1日あたり200.00レアル(200レアル)から500.00レアル(500レアル)の罰金のペナルティの下で、その親のいずれかに自分の子供についての情報を提供する義務があるものとする”。

“1.585条 別々の機関に親権の差止命令が出された場合、親権の差止命令のための別の裁判場においては、仮のものであっても、子の親権に関する決定は、好ましくは後に出されなければならない。 裁判官は、児童の利益の保護のために他方の当事者の聴取を経ずに差止命令を認める必要がある場合を除き、両当事者の聴取を行わなければならず、第1.584条の規定が適用される。

“1.634条 両父母は、その婚姻関係がどうであれ、子については、家族の力を完全に行使しなければならない。 私 - 彼らの教育と教育を指示しています。 II - 第1,584条に基づき、一方的又は共有の親権を行使すること。 III - 彼らに結婚の同意を与えるか、または拒否すること。 IV - 彼らに海外旅行の同意を与えるか、または拒否すること。 V - 他の自治体に永住権を移すことへの同意を与える、または拒否すること。 VI - 他の親が生存していない場合、または生存者が家族の力を行使することができない場合は、遺言または本物の楽器によってそれらを後見人に任命します。 VII - 16歳になるまでは、市民生活の行為において、司法的および超法規的に彼らを代表し、それ以降は、彼らの同意を得て、当事者である行為において彼らを援助すること。 VIII - 不法に拘留している者からそれらを要求する。 IX - 従順、尊敬、年齢と状態に適したサービスを要求すること」。

第3条 この法律は、公布の日から施行する。

ブラジリア、2014年12月22日、独立193回目、共和国126回目。

ディルマ・ルセフ

ホセ・エドゥアルド・カルドゾ

ナシメント・ローディネイ

comments powered by Disqus